WiMAX2にも利用制限は存在する

WiMAXは制限無しが売りの一つですが、WiMAX2では通信量に応じた利用制限(速度制限)があります。ただし、これは限られた条件下の話なのでこんなケースもあるんだと思っていただければ結構です。

auのLTEを月7GB以上使用すると速度が128kbpsに制限される

WiMAX2のHWD14とHWD15はオプションでauのLTE対応のハイスピードプラスエリアモードが使えます。(別途1,005円必要です)

 

この2機種でハイスピードプラスエリアモードに切り替えて月7GB以上使用してしまうと、その後ノーリミットモード(WiMAXのみ)やハイスピードモード(WiMAXとWiMAX2)に切り替えても通信速度が128kbpsまで制限されて、月が変わるまでずっとこの速度のままです。

 

防止策としてはそもそもauのLTEを使わない、モードの確認をしっかりするがあります。WiFiルーター本体でもハイスピードプラスエリアモードに切り替える時はアナウンスが表示されるので、間違って選択することはまず無いと思います。

2年後からはハイスピードモードでも利用制限あり?

実はハイスピードモードでも月7GB以上使用すると速度が128kbpsに制限されます。ただし、これはキャンペーンによって2年間は適用されないとなっています。(どこの代理店やプロバイダで申し込んでも一緒です)

 

WiMAX公式では制限内容として発表していますが、実際に2年後から本格的に導入するかは検討している段階のようです。どちらにしても契約している2年間は無制限が保証されますが、2年後の見直しは必須と言えます。

 

追記:2015年2月20日申し込み分から月7GBの制限が始まります。回避するには220Mbps対応機種を契約するか2月19日までに契約するかしかありません。